結婚式場を選ぶコツ|思い出に残る式にしたいなら

新郎新婦

式の流れ

神前式

昔ながらの結婚式

著名人が神社挙式したことをきっかけに、昔ながらの結婚式を挙げたいという方が増えてきています。福岡でも神社挙式に人気がでてきているので、式の流れを知っておくといいでしょう。入場を終えると夫婦で神宮のお祓いを受けます。これには家庭円満になるようにといった意味も込められているのです。そして、神官がのりとを読み神に二人の結婚を認めてもらうことができるのです。洋式でいうところの、神父が誓いのキスを促すようなものでしょう。三三九度の杯が終わったら新郎が誓いの言葉を宣言します。次は神社挙式の見せ場でもある指輪交換が行なわれるのです。本番に緊張しないように二人で練習しておくといいでしょう。指輪交換が終わると、親族や友人たちとお酒を交わします。そして、新郎新婦が退場した後に親族の紹介が行なわれるというような流れになります。のりとが終わるまでは基本的にカメラ撮影ができないので注意しましょう。福岡で神社挙式を挙げるなら費用が気になるところです。最近では50000円前後で挙式ができる会場もあるので、お金をかけれない事情がある方はそちらに依頼するのがいいかもしれません。低料金でも本格的な神社挙式が可能なところが福岡にはあるのでじっくり探してみるといいでしょう。福岡などは立地もいいので遠くからくる家族や親戚、友人にも不自由することなく式に出席することができます。他にも、衣装や着物の着付け、写真撮影が組み込まれているプランもあるので福岡にあるいろいろな式場を見学してみるのも得策です。